HOME   >>

更新情報    更新履歴

■ 新しい配置 (2017/9/24)  
物置部屋のレイアウトについて、遂に折り返し点を通過することが出来た。 これからは新しいレイアウトに向けての工作が始まるのである。 最初に台となる棚やベースの配置を変更した。
■ 解体作業 (2017/9/22)
ついに物置部屋のレイアウトの解体作業を始めた。 作るもの楽し、壊すのも楽しである。
■ 大改造計画をスタートさせる (2017/9/11)
物置部屋のレイアウトは、変形のドッグボーン形のレイアウトであり、解放感がいまいちのレイアウトである。 このため、このレイアウトの改造を本年度の目標のひとつとして、年の初めからあれこれ考えてきた。そして、この計画をいよいよスタートさせることにした。
■ ミニレイアウト 遂に解体する (2017/9/11)
ミニレイアウトを雪景色に改造したが、しかし、小生も終活を始める必要性を感じていたので、そのひとつとして、このミニレイアウトが対象とされたのである。
■ TOMIXの自動運転ユニットNを調べる その3 (2017/8/28)
自動運転システムの開発にてまどっているので、TOMIX の自動運転ユニット5563を調査し、参考にすることにした。 今回は、オシロスコープを使ってフィーダー回路の出力波形を調べてみた。
■ TOMIXの自動運転ユニットNを調べる その2 (2017/8/27)
自動運転システムの開発にてまどっているので、TOMIX の自動運転ユニット5563を調査し、参考にすることにした。 今回は、オシロスコープを使ってポイント駆動回路の出力波形を調べてみた。
■ TOMIXの自動運転ユニットNを調べる その1 (2017/8/26)
自動運転システムの開発にてまどっているので、TOMIX の自動運転ユニット5563を調査し、参考にすることにした。今回は、まず分解調査から実施した。
■ 車載カメラで撮影 夜行列車 (2017/8/13)
車載カメラを使って夜行列車の動画を撮影してみた。
■ 車載カメラで撮影 D51が牽引する貨物列車 (2017/8/7)
ラズパイによる登山鉄道の自動運転システムが完成目前で足踏み状態であるので、ここらで少し頭を冷やすことにした。 そのひとつとして、レイアウトの状態を車載カメラを使って動画として撮影しておこうとするものである。
■ 道は遠し ( 2017/7/31)
ポイント駆動回路のパワーアップのために、3300μF のコンデンサを追加工作した。その結果をレイアウト上で確認したが、100点満点とは言えなかった。 まだまだ、どこかに問題がありそうである。 完成までには・・・・・・・・・・・・・・道は遠そうだ!
■ ポイント駆動回路の修正工作 ( 2017/7/27)
ポイント駆動回路のパワーアップのために、「ポイント駆動回路のコンデンサー容量をアップさせる」で検討した結果をもとに、3300μF のコンデンサ追加工作を実施した。
■ ポイント駆動回路のコンデンサー容量をアップさせる (2017/7/27)
登山鉄道自動運転システムにおいて、ポイントの作動が不安定な状態がたびたび発生していた。 そこで駆動回路の電圧波形を観察した結果、我が設計のポイント駆動回路ではパワー不足の可能性があると判断し、コンデンサの容量アップによるパワーアップの検討を実施した。
■ TOMIX製ユニットのポイント駆動回路出力波形の観察 (2017/7/23)
駆動回路の電圧波形の観察により、我が設計のポイント駆動回路は、TOMIX製のパワーユニットのパワーよりも、倍以上も小さいことが判明した。 ポイントの作動が不安定な現象は、駆動回路のパワー不足の可能性があると判断し、パワーユニットでの出力波形を観察することにした。
■ システムの制御状態の調査 ( 2017/7/21)
改良したレールエンドをレイアウトに取り付けてテストを実施するも、システムとしてはどうもおかしいのである。 正常に作動してくれないのである。 そこで、どこかに問題あるのか、オシロを使ってセンサからの信号の出具合などを落ち着いて調査することにする。
■ レイアウトでのテスト運用 ( 2017/7/15)
合計6個の車止めが完成し、各ホームやレールエンドへの取り付けも何とか実施することが出来た。 そこで、これらのユニットをレイアウト上に設置し、正常に作動するのか、テスト運用を実施した。
■ 車止め量産 ( 2017/7/14)
車止め試作4号の量産(?)モデルをもとに、残りの4台を作ることにした。
■ 車止め試作4号 ( 2017/7/12)
試作3号まで工作してきて、何とか形になって来たので、見栄えを少し良くする工夫を実施することにした。 今回は試作2号をベースにして修正工作を実施て試作4号機として量産(?)モデルとすることにした。
■ マイクロスイッチを使った車止め ( 2017/7/3)
作るなら、もう少しコンパクトな構成にすべく、最適なマイクロスイッチを探すことにした。 狙いは小型化と小さな作動力のスイッチであることだ。 今回は、幾つかのマイクロスイッチを使って実験することにした。
■ 車止めを作ろう ( 2017/6/27)
システムを大規模にかつ複雑にするほど構成するセンサやアクチュエータの信頼性がより重要となることを改めて痛感した。そこで車止めの試作品を作って見た。
■ レイアウトでの運行 ( 2017/6/22)
いよいよ最終ステップに入って来た。 まずは、モニタやマウス無しでも運転開始や終了が出来るような細工を実施すると共に、レイアウトでの運行をテストすることにした。
■ 運行プログラムの構築 その2 ( 2017/6/20)
先回は、登山モジュールをレイアウト上から降ろして腰を据えてテストを実施した。 何とか走行テストが実施出来るようになったので、いよいよ4列車運行モデルのテストを実施しする。 そして新しくサン・モリッツ号も入線させた。
■ 運行プログラムの構築 その1 ( 2017/6/17)
登山モジュールの工作も走行テストが可能なレベルまで仕上がったので、そっそくレイアウト上に設置してテストを行ったが、不具合続きで混乱してしまった。 そこで、モジュールをレイアウト上から降ろして、腰を据えてテストを実施することにした。
■ 登山鉄道モジュールの改造 ( 2017/6/16)
制御回路とプログラムの概要が出来上がったので、今回からレイアウトを使った検討を開始した。 今回はまず、登山鉄道モジュールの手直しから始めた。
 

 

鉄道模型 工学

動力車の調査

鉄道模型 調査室

鉄道模型実験室

鉄道模型 工作室

鉄道模型マイコレクション

鉄道模型レイアウト集

 

別室としてブログを開設