HOME   >>

更新情報    更新履歴

 ■ 新しいテープ式室内灯 集電瞬断の解析2 (2024/4/15) 
室内灯チラツキの原因である集電回路の遮断状況について、データの収集方法とその解析方法を模索したが、はたしてどのようにデータが処理されるのかを観察したが、条件を変えて再実験を行った。
 ■ 新しいテープ式室内灯 集電瞬断の解析 (2024/4/11)
室内灯チラツキの原因である集電回路の遮断状況について、データの収集方法とその解析方法を模索したが、はたしてどのようにデータが処理されるのかを観察した。
 ■ 新しいテープ式室内灯 集電瞬断の解析方法の模索 (2024/4/9)
室内灯チラツキの原因である集電回路の遮断状況について、データの収集方法にめどがついた。今回は、そのデータをどのように解析するのか、その方法について四苦八苦したのでその様子を紹介しよう。
 ■ 新しいテープ式室内灯 回路瞬断の発生状況 その4 (2024/4/8)
実際のチラツキが発生している状態を示す実データの観測に挑戦しています。コンデンサや電流制限部品などをいろいろ取り替えて走行中の電流状態を観察した。今回は5ボルト仕様のLEDを使用した。
 ■ 新しいテープ式室内灯 回路瞬断の発生状況 その3 (2024/4/7)
実際のチラツキが発生している状態を示す実データの観測に挑戦しています。コンデンサや電流制限部品などをいろいろ取り替えて観察できるように装置を改善して、実際の走行中の電流状態を観察した。
 ■ 新しいテープ式室内灯 回路瞬断の発生状況 その2 (2024/3/30)
実際のチラツキが発生している状態を示す実データの観測に挑戦しています。小型のターンテーブルを使って実際に模型車両を走らせて、その時の電流状態を観察しました。
 ■ 新しいテープ式室内灯 回路瞬断の発生状況 その1 (2024/3/29)
実際のチラツキが発生している状態を示す実データの観測に挑戦しています。電流の遮断時間とか、発生頻度などを観察したいので、実際に模型車両を走らせて、その時の電流状態を測定することにしました。その方法として、昨年作成した小型のターンテーブルを活用することにしました。
 ■ 新しいテープ式室内灯 チラツキの限界図 (2024/3/25)
テープLEDのチラツキ状態を観察している。今回はコンデンサを使用した場合の放電特性と、チラツキ限界との関連を探り、ひとつの限界図を考えてみた。そのいきさつを説明する。
 ■ 新しいテープ式室内灯 チラツキの限界を探る (2024/3/24)
パルス信号を使ってテープLEDのチラツキ状態を観察している。今回はチラツキの限界を探るべく回路を工夫して状態を観察した。さらに、照明器具でのチラツキ関連としてのフリッカーに関する資料をもとに比較してみた。
 ■ 新しいテープ式室内灯 パルスを観察 その2 (2024/3/12)
パルス信号を使ってテープLEDのチラツキ状態を観察している。先回に引き続き、今回は電流値に注目してチラツキ状態を観察した。
 ■ 新しいテープ式室内灯 パルスを観察する (2024/3/9)
チラツキに関するパルス実験の準備ができたので、まずは、様子を観察することにした。遮断時間の変化や抵抗とCRDの違いなどを確かめてみた。
 ■ 新しいテープ式室内灯 チラツキパルスのトライ (2024/3/5)
先回、報告した新たな疑問、「電流値がどこまで落ち込むと、チラツキ現象として人の目に感じるのだろうか?」と言うに課題に対して、その実験方法を模索中ですが、今回は、使い慣れたArduinoを使った実験をトライしてみました。
 ■ 新しいテープ式室内灯 放電特性の実験 3 (2024/3/3)
テープ式LEDを使った室内灯ユニットについて、新しい製品である5ボルト仕様のCOBテープLEDや、高容量のチップコンデンサを使って検討している。今回は、電流制限部品として使用する抵抗とCRDの比較を実験した。
 ■ 新しいテープ式室内灯 放電特性の実験2 (2024/3/2)
テープ式LEDを使った室内灯ユニットについて、新しい製品である5ボルト仕様のCOBテープLEDや、高容量のチップコンデンサを使って検討している。今回は、コンデンサを電流制限部品の下流側に設置した場合についてその放電特性を実験した。
 ■ 新しいテープ式室内灯 放電特性の実験1 (2024/3/1)
テープ式LEDを使った室内灯ユニットについて、新しい製品である5ボルト仕様のCOBテープLEDや、高容量のチップコンデンサを使って検討している。今回は、コンデンサを電流制限部品の上流側に設置した場合についてその放電特性を実験した。
 ■ 新しいテープ式室内灯 チップコンデンサとCRDの特性調査 (2024/2/29)
テープ式LEDを使った室内灯ユニットについて、新しい製品である5ボルト仕様のCOBテープLEDや、高容量のチップコンデンサを使って検討している。今回は、チップコンデンサとCRDの特性を調査した。
 ■ 新しいテープ式室内灯 5V仕様と12V仕様の比較 (2024/2/27)
テープ式LEDを使った室内灯ユニットについて、新しい製品である5ボルト仕様のCOBテープLEDや、高容量のチップコンデンサを使って検討している。今回は、その検討内容と、手始めとして12V仕様と5V仕様のテープEDについて比較してみた。
 ■ 新しいテープ式室内灯を作る FCOBテープライトの特性調査 (2024/2/18)
最近では、新しい製品であるCOBや5ボルト仕様のテープLEDや、さらには高容量のチップコンデンサを使った工作を目にするようになった。これらの情報より、ふとあるアイディアが横切ったので、この、COBテープ、5ボルト仕様、高容量のチップコンデンサをキーワードとして、改良型のテープ式室内灯を検討することにしました。
 

 

鉄道模型 工学

動力車の調査

動力車の調査

鉄道模型 調査室

鉄道模型実験室

鉄道模型 工作室

鉄道模型マイコレクション

鉄道模型レイアウト集

 別室として新しいブログを開設

今まで使用していたJUGEMのブログを中止して、新しくmuragonによるブログに乗り換えました。(2021/3/31)

◆(2024/2/3)マイトラムClassic 入線

◆(2023/7/21)わたしの作った AI はおバカさんです

◆(2023/6/12)新しいバージョンでの対応方法

◆(2023/6/10)原因(推定)が分かりました

◆(2023/6/6)WEBスクレイピングの学習用サイトを作る

◆(2023/6/3)Pythonを使用した機械学習の教本を開く

◆(2022/11/30)プライベートアーカイブを作る