HOME   >>

更新情報    更新履歴

■ レイアウトでのテスト運用 ( 2017/7/15)  
合計6個の車止めが完成し、各ホームやレールエンドへの取り付けも何とか実施することが出来た。 そこで、これらのユニットをレイアウト上に設置し、正常に作動するのか、テスト運用を実施した。
■ 車止め量産 ( 2017/7/14)   
車止め試作4号の量産(?)モデルをもとに、残りの4台を作ることにした。
■ 車止め試作4号 ( 2017/7/12)
試作3号まで工作してきて、何とか形になって来たので、見栄えを少し良くする工夫を実施することにした。 今回は試作2号をベースにして修正工作を実施て試作4号機として量産(?)モデルとすることにした。
■ マイクロスイッチを使った車止め ( 2017/7/3)
作るなら、もう少しコンパクトな構成にすべく、最適なマイクロスイッチを探すことにした。 狙いは小型化と小さな作動力のスイッチであることだ。 今回は、幾つかのマイクロスイッチを使って実験することにした。
■ 車止めを作ろう ( 2017/6/27)
システムを大規模にかつ複雑にするほど構成するセンサやアクチュエータの信頼性がより重要となることを改めて痛感した。そこで車止めの試作品を作って見た。
■ レイアウトでの運行 ( 2017/6/22)
いよいよ最終ステップに入って来た。 まずは、モニタやマウス無しでも運転開始や終了が出来るような細工を実施すると共に、レイアウトでの運行をテストすることにした。
■ 運行プログラムの構築 その2 ( 2017/6/20)
先回は、登山モジュールをレイアウト上から降ろして腰を据えてテストを実施した。 何とか走行テストが実施出来るようになったので、いよいよ4列車運行モデルのテストを実施しする。 そして新しくサン・モリッツ号も入線させた。
■ 運行プログラムの構築 その1 ( 2017/6/17)
登山モジュールの工作も走行テストが可能なレベルまで仕上がったので、そっそくレイアウト上に設置してテストを行ったが、不具合続きで混乱してしまった。 そこで、モジュールをレイアウト上から降ろして、腰を据えてテストを実施することにした。
■ 登山鉄道モジュールの改造 ( 2017/6/16)
制御回路とプログラムの概要が出来上がったので、今回からレイアウトを使った検討を開始した。 今回はまず、登山鉄道モジュールの手直しから始めた。
 

 

鉄道模型 工学

動力車の調査

鉄道模型 調査室

鉄道模型実験室

鉄道模型 工作室

鉄道模型マイコレクション

鉄道模型レイアウト集

 

別室としてブログを開設