東海道新幹線 300系 一次形

実車プロフィール

東海道・山陽新幹線の300系電車は、新幹線をさらに速くする高速化の先駆けとなった車両です。 1992年にデビュー。 当時220km/hだった東海道新幹線の最高速度を50km/hも引き上げて270km/hで走り、3時間近くかかっていた東京〜新大阪間を2時間30分に縮めました。

モーターは100系に比べ出力が3割ほど増強された交流モーターを使用し、VVVFインバーター方式を採用。車体はアルミ合金を使用するなど、機器類の小型化と軽量化を図りました。

この一次形は登場当時のスタイルで、パンタグラフが旧式の形状です。

 

模型プロフィール

● メーカー: TOMIX
● セット品名: JR 300系 のぞみ 東海道・山陽新幹線 (7両セット)
● セット品番: 92638
● 発売年: 基本セット2003年9月発売
● 購入日:2007年9月新品購入
● 定価: 基本セット \18,810.-

模型セットの内容

  .

 この編成は、JR 300系 のぞみ 東海道・山陽新幹線の7両編成です。 1M6Tである。

 このセットを入手したものの、動力車の調子が悪くなったようで、何時の頃からか走らせなくなりました。 そして、通電カプラー付きの新しいモデルが2010年3月に発売されると、早速2010年4月に基本セット (92808)を購入したため、この古いモデルはお蔵入りとなってしまいました。

 この新しいモデルはスムースな走りでしたので、当初は通電カプラーの効果と思っていたのですが、動力部の機構に問題があったと判断しています。

編成内容

 編成名称: 東海道新幹線 300系 一次形

号車番号
車体側面
セット 品番 品名 装備 重量 走行抵抗

1号車


基本 ---

323

ヘッドライト/テールランプ
グラム  

5号車

増結 --- 325-500      
6号車
基本 --- 328
   
10号車
基本 --- 316      
11号車
基本 --- 325-700 モータ付き動力車    

12号車

基本 --- 328      
16号車
基本 --- 322 ヘッドライト/テールランプ
 

◆ 編成全重量: グラム     ◆ トレラー車走行抵抗合計: グラム

 

工作内容

■ 室内灯の組込

 組込んでいません。

 

■ 動力車の仕様

 動力車の分解調査は「東海道新幹線 300系 一次形動力車 325-700号機」(2022/3/9)を参照下さい。