HOME   >>

更新情報    更新履歴

 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その5−1 ( 2020/3/30) 
最新のユニットを使って、今までのシステム構成を見直して行きますが、まず手始めに「自動運転 その5」(2019/11/18)のユニット構成を変更しました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転の制御手段 ( 2020/3/28)
卓上レイアウトを楽しもうと銘打って、自動運転システムを工作してきましたが、ここで立ち止まって今までの工作内容を振り返ることにしました。 今回は、まだ課題が残っている自動運転の制御手段について考えてみることにします。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 各ユニットの見直し ( 2020/3/25)
卓上レイアウトを楽しもうと銘打って、自動運転システムを工作してきましたが、ここで立ち止まって今までの工作内容を振り返ることにしました。 先回の電気系回路構成の見直しに引き続き、各制御ユニットの回路についても修正を実施しました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 電気系回路構成の見直し ( 2020/3/24)
卓上レイアウトを楽しもうと銘打って、自動運転システムを工作してきましたが、ここで立ち止まって今までの工作内容を振り返ることにしました。 先回の報告内容に従って電気系回路構成の見直しを実施しました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 見直しを実施する (2020/3/22)
卓上レイアウトを楽しもうと銘打って、自動運転システムを工作してきましたが、ここで立ち止まって今までの工作内容を振り返ることにしました。 いつも愛読させてもらっています「Nゲージレイアウト国鉄露太本線建設記」さんのアドバイスをもとにシステムを見直すことにしました。
 ■ モータドライバBD6231を使って簡易コントローラを作る (2020/3/19)
モータドライバBD6231のVREF制御モードを使えば、鉄道模型用の簡単なコントローラが手作り出来ると考えて、今回工作してみました。
   3/20 一部追記する。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その24 3重円形路での半自動運転 (2020/3/14)
今回の卓上レイアウトは、ポイント操作を手動操作にした半自動運転としました。 レイアウトはシンプルな3重の円形レイアウトにし、中央部に対向型のホームのある駅としました。 入線や出発は手動操作のポイントに従い、ホーム内での減速停車と、発進加速を自動運転としました。
 ■ モータドライバBD6211FのVREF制御モードを実験 (2020/3/8)
ROHM社のHブリッジドライバーシリーズのBD6211を使って、VREF制御モードを実験しました。このVREF 制御モード機能を使用すると、可聴域外の高周波 発振機能を持たないコンピュータであってもPWM制御が出来るので、その確認のために実験したのです。
 ■ モータドライバのPWM波形を観察する (その3) (2020/3/6)
他のモータドライバを使うために、そのPWM波形を観察することにしました。 ROHM社のHブリッジドライバーシリーズのBD6211と、東芝製のTB6612で、このドライバは我が卓上レイアウトには充分適応できることが分かりました。
 ■ モータドライバTB6643KQのPWM波形を観察する (その2) (2020/3/5)
東芝製モータドライバTB6643KQのPWM波形を観察した結果、その様子を知る事ができたのですが、さて、高周波での制御を実施するにはどうすればよいのか、素人ながら、あれこれいじってみました。 しかし、結局はこの石の使用を諦めることにしました。
 ■ モータドライバTB6643KQのPWM波形を観察する (その1) (2020/3/5)
Arduino Nano Every で出力されたおよそ16KHz のPWM 出力に対して、Bトレの動力車が反応しないトラブルに遭遇した。そこで、簡単な実験装置を組んで波形を観察することにした。
 ■ Arduino Nano Every のPWM周波数をアップする (2020/3/3)
PWM制御の周波数が約 1KHz と低いため、動きがぎごちなく感じられますし、ピーという音も気になりますので、このPWM周波数を20KHz近くまでアップさせることに挑戦しました。 その結果、15.7KHzまでアップさせることが出来ましたが、新たな問題も出てきました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その23 ( 2020/3/1)
クローバー路線での自動運転について、やっと満足できるレベルまで持つ込むことが出来ました。 そこで、最初から予定していた2列車の同時運転に挑戦しました。 注目点は 十字路の交互運転です。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その22 (2020/2/26)
先回の「卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その21」で、モータドライバを壊してしまいました。 その後、代わりのドライバが準備と調査が出来ましたので、自動運転の実験を再開しました。
 ■ Arduino Nano Every のPWM出力を調べる (2020/2/22)
先回の報告自動運転 その21で、給電制御を実施していたモータドライバを焼いてしまった。 今までの方法を諦めて新しいモータドライバを使ってみることにした。 そして、確認のために、PWM 出力波形を観察していたところ、危うく失敗を重ねるところであった。 ここでは、新しく取り組んだドライバセットの工作とPWM 出力波形の観察結果を報告する。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その21 (2020/2/19)
レイアウトをまたまた変更しました。中央部のクロスを中心とした四葉のクローバーの形のレイアウトです。 この交差点を中心として、周辺部をグルグルと巡回させる走行パターンを考えています。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その20 (2020/2/11)
卓上レイアウトの自動運転において、いよいよ Arduino Nano Every を使って制御を実施しました。 先回のイライラはどこ吹く風ですんなりと作動するようになりました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その19 (2020/2/10)
システムの簡素化対策の一環として、制御マイコンを取り扱いが容易な Arduino Nano Every を使ってみることにする。 でも、今回も使いこなすまでには、ウロウロしてしまった。 原因は単純でしたが・・・・・・・・・!
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その18 (2020/2/6)
システムの簡素化対策の一環として、信号機用制御マイコンを独立させる工作の第2弾として、スラブレール用センサのジャンク品を活用して信号機に仕立てることにしました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その17 (2020/2/5)
今回は、システムの簡素化対策の一環として、信号機用制御マイコンを独立させる工作を実施しました。 
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その16 (2020/2/1)  
今回は、その15で実施したシステムを少し簡素化しようと考え、その方策として一列車運行モードを実験しましたので報告します。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その15 (2020/1/28)
自動運転その14にて紹介したレイアウトに、信号機を組込みました。 そして通過センサの機能も組み込むことにしました。 でも、今回もプログラム部分で、四苦八苦したうえでやっと順調に作動させることが出来ました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その14 (2020/1/20)
自動運転その13にて紹介したレイアウトに、予定していたリバース運転を組込むことにしましょう。 でも、あちこちでつまずき、四苦八苦したうえでやっと順調に作動させることが出来ました。
 ■ PWM制御のコントローラとコンデンサの関係 (2020/1/12)
卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その13-2では、モータドライバユニットと、PWM 制御式のパワーユニットの相性は合わないので使用出来ません、とオシロでの確認なしに結論していました。 そこで、波形観察より、実際の様子を見ることにしました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その13-2 ( 2020/1/9)
今回のレイアウトは、外側と内側の周回路に、リバースサークルを追加したものです。その自動運転の仕掛けを紹介しましょう。また、PWM制御方式のパワーユニットが使えない事も分かりました。その原因はモータドライバにありました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その13-1 ( 2020/1/8)
すでに、松の内も明けてしまいましたが、ともかく 新年あけましておめでとうございます。
昨年の暮れは、トラブル対策が完了できないままに、時間切れとなってしましました。 Bトレが駄目なら、トーマス・ランドにしようと目論んで、新しいレイアウトに変更しました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その12 ( 2019/12/31)
今回の内容は、レイアウトを少し修正してスッキリとさせる事と、制御機器を箱の中に収めて見栄えが良くなるように工作しました。
 ■ 卓上レイアウトで楽しもう 自動運転 その11 ( 2019/12/22)
反対側のホームに制御を追加し、さらももうひと列車を入線させて、合計3列車を同時運転させようとの試みの続きです。 今回は、他方のホームに停車している列車がある場合は、そちらの列車も同時に出発させようとするものです。
 
 

 

鉄道模型 工学

動力車の調査

動力車の調査

鉄道模型 調査室

鉄道模型実験室

鉄道模型 工作室

鉄道模型マイコレクション

鉄道模型レイアウト集

 

 別室としてブログを開設

◆(2020/1/9)工学社より「鉄道模型自動運転のレイアウト」出版予定です

◆(2019/12/6)「KATOの新動力を走らせる

◆(2019/12/2)「自動運転の実験」出版される

◆(2019/10/23)ポケットライン・シリーズの新しい動力ユニットを分解する

◆(2019/10/21)ポケットラインシリーズの新しい動力ユニット

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・