HOME   >>

更新情報    更新履歴

 ■ 台車の荷重移動 車輪の浮上り限界 (2019/10/10) 
動力ユニットを線路に載せるためリレーラを使ってセットしようとしても車輪が浮上って脱線してしまう場合は、台車に掛かるモーメントによる軸重移動の問題である。 そこで鉄道模型工学の一環として、この現象を解析する。
 ■ 台車の荷重移動 ボディーマウントの場合 (2019/10/7)
台車に掛かるモーメントによる荷重移動によって、トラクションタイヤの効果を上げたり、あるいは低下させている事は明らかである。 このモーメントに注目して荷重移動の現象を解析する。
 ■ 2両編成のキハ24 (2019/10/2)
古い金属製組み立てキットのキハ24形気動車について、もう一台入手したので2両編成に仕上げた。
 ■ ATS列車自動停止システム 12F635 を使用する ( 2019/9/1) 
当初は12F635 を使用予定であったが何故かアッセンブルが出来なかった。そこで12F635 が使えるように再度挑戦した。
 ■ ATS列車自動停止システム 仕上げ工作 ( 2019/9/1) 
ATS列車自動停止装置のシステムを完成させることが出来たので、レイアウトとしての仕上げを実施しました。 設置作業による工事で傷んでしまった場所の補修や、修正の実施と、レイアウトの見栄えをグレードアップする工作です。
 ■ ATS列車自動停止システム 試運転の実施 ( 2019/9/2) 
ATSシステムの設置工事が完了したので試運転を実施し、不具合点の抽出と対策を実施した。
 ■ ATS列車自動停止システム 駅構内の工事 南部制御回路の工作 ( 2019/8/31) 
この新ATSシステムの設置作業も最後の山場に差し掛かった。 残るは駅構内の工事だけとなり、最後の駅の右側、即ち南側の部分の工作状況を報告する。
 ■ ATS列車自動停止システム 駅構内の工事 北側制御回路の工作 ( 2019/8/31) 
設置に必要な制御機器の Sub-Assy 部品を工作したので、この部品を取り付ける工作を実施した。 今回は駅の北部の工作を報告する。
 ■ ATS列車自動停止システム 駅構内の工事 ( 2019/8/31) 
この新ATSシステムの設置作業も最後の山場に差し掛かった。 いよいよ残るは駅構内の工事に入ることにした。 まず、設置に必要な制御機器の Sub-Assy 部品を工作した。
 ■ ATS列車自動停止システム ブリッジ部左側の工作と試運転 ( 2019/8/31) 
信号機、センサ、および制御ユニットなどの制御機器をレイアウトに設置する作業を実施している。 高架部に続いて、今回はブリッジ部左側の工作について報告する。
 ■ ATS列車自動停止システム 高架部への設置 ( 2019/8/31) 
ATS制御システムの信号機、センサ、および制御ユニットなどの制御機器をレイアウトに設置する作業を実施している。 秋のゾーンに続いて、今回は高架部について報告する
 ■ ATS列車自動停止システム 秋のゾーンへの設置 ( 2019/8/30) 
ATS制御ユニットをレイアウトにセットする作業として、秋のゾーンの製作を行う。
 ■ ATS列車自動停止システム 春のゾーンへの設置 ( 2019/8/30) 
ATS制御ユニットをレイアウトにセットする作業として、春のゾーンへの設置工作を実施する。
 ■ ATS列車自動停止システム 冬のゾーンへの設置 ( 2019/8/30) 
ATS制御ユニットをレイアウトにセットする作業の第1弾として、工作が容易であると思われる冬にゾーンから製作を始めました。
 ■ ATS列車自動停止システム 閉塞区間の設定と工事の準備 ( 2019/8/30) 
ATS列車自動停止システムの開発も、いよいよ後半の作業に入りました。 今まで検討してきたシステムの要素機器とソフトを使って、実際のレイアウトに組み込んでいく作業となります。 まず最初に閉塞区間を設定し、レイアウトへ取り付けるための準備をしておきます。
 ■ ATS列車自動停止システム 出発制御の検討 ( 2019/8/14) 
駅構内の制御方法として、先回は入場制御の検討を実施したので、引き続き出発制御の検討を実施した。
 ■ ATS列車自動停止システム 入場制御の検討 ( 2019/8/14) 
今回は、駅構内の制御方法として、入場制御の検討を実施した。
 ■ ATS列車自動停止システム 制御ユニットの機能確認 ( 2019/8/14) 
改良した制御ユニットの機能チェックを実施するため、書斎の床の上にレイアウトを組み立てた。 今回のレイアウトは、駅構内での出発制御と入場制御のチェックを想定して、待避線のあるレイアウトとした。
 ■ ATS列車自動停止システム 制御ユニットの工作 ( 2019/8/14) 
ハード回路と搭載するプログラムの概要が確認できたので、いよいよ制御ユニットの工作を始める。
 ■ ATS列車自動停止システム 追突を監視するプログラムを検討 ( 2019/8/27) 
ATS列車自動停止システムの中心となる閉塞区間の制御を検討している。 先回にて、通過センサ、信号機、給電制御の作動を確認できたので、これらを組み合わせて後方からの追突を監視するプログラムを検討する。
 ■ ATS列車自動停止システム 信号回路の検討 ( 2019/8/27) 
実際の線路とセンサーを使って、初歩的な制御から少しづつステップアップしていく事にする。 まず制御の入力情報となる通過センサのハード回路と処理ソフトの検証から実施しました。
 ■ ATS列車自動停止システム PICマイコンを使おう ( 2019/8/22) 
制御の心臓部であるマイコンを8ピンタイプのPICマイコンを使うことに決めたが、その機種と周辺回路を固めて、必要な部品を揃えることにした。
 ■ ATS列車自動停止システム システムの構想 ( 2019/8/21) 
レイアウト改造に合わせて、ATSシステムの基本構成を各閉塞区間内で制御する分散方式に変更することにした。 その構想を検討しよう。
 ■ ATS列車自動停止システム レイアウトの概要 ( 2019/8/21) 
模型運転を自動化すると鉄道模型の新たな楽しみ方が味わえます。 その方法は色々ありますが、ここではATS、即ち列車自動停止装置を模したシステムを作って見ることにしましょう。
 

 

鉄道模型 工学

動力車の調査

動力車の調査

鉄道模型 調査室

鉄道模型実験室

鉄道模型 工作室

鉄道模型マイコレクション

鉄道模型レイアウト集

 

 別室としてブログを開設

◆(2019/7/26) GM製コアレスモーター動力ユニットの脱線多発の原因

◆(2019/7/3)スピーカーのエッジを取り換える

◆(2019/7/2)機械技術者の鉄道模型実験室店頭に並ぶ

◆( 2019/6/19)工学社より「機械技術者の鐡道模型 実験室」として出版される予定です

◆( 2019/3/14 )でーきた出来た! 速度計が出来た

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・